このサイトでは急なトイレのつまりが発生した時の修理業者の選び方を紹介しています。
生活しているといきなりこのようなトラブルが起きてしまうことがあり、慌ててしまうものです。
冷静にならなければならないのに、中には慌ててしまいパニックになってしまう人もいます。
もし、トラブルが起きてしまったとしても、どうすれば良いのかが事前にわかっていれば冷静に対処することができます。
今回は急なトラブルでも慌てずに、上手に比較サイトを使って業者を選ぶ方法を紹介します。

トイレのつまりが発生したら!修理業者選びで活用したい比較サイトの活用方法

トイレのつまりが発生したら!修理業者選びで活用したい比較サイトの活用方法
急なトイレのつまりが発生した場合、どんな人でも慌ててしまうものです。
そのようなトラブルが発生した時には修理業者の比較サイトを活用すると良いでしょう。
比較サイトには様々な業者が紹介されているので、簡単に選ぶ事ができます。
もし、どれを基準に選べば良いのかがわからない時には、24時間対応しているかどうかを基準にしましょう。
すぐに来てもらわなければならない状況なのに24時間対応では無い場合には頼りになりません。
まずはそこを基準にすると良いでしょう。
アフターフォローがしっかりしているかどうかも重要です。
トイレ修理したから大丈夫と油断せず、修理後に保証が付いている業者の方が安心です。
修理してもまたすぐに同じトラブルが起きる可能性が無いわけではありません。
そのような時にも保証してくれる業者の方が安心ですので、そこも気をつけましょう。

トイレつまりの修理業者は比較サイトで検討しよう

トイレつまりの修理業者は比較サイトで検討しよう トイレつまりは自分で解決できることも有りますが、異物を流してしまって取れなくなったり、原因が分からず詰まっている時には素人さんではお手上げ状態になってしまうこともあるでしょう。
そんな時に頼りになるのがトイレなどの水回りのトラブル解決業者です。
街の水道屋さんでも対応している場合も有りますが、個人で営業をしているようなところですと深夜や早朝の時間帯の場合は電話もつながりません。
同様に水栓メーカーでも修理対応はしていますが、予約が埋まっていると数日後になってしまうことも有りますので状況が良くなるまで数日かかることもあるでしょう。
トイレは生活に必要な所ですし、それが1日使えないだけでも非常に困ります。
支障が出てしまうだけではなく、水漏れに発展して二次的な被害に広がる可能性も出てきますので早急な修理をお勧めします。
どこに依頼をすればよいか迷った時には、比較サイトを利用すると便利です。
出張料金などの比較であったり、大体の目安となる料金や特徴や口コミなど、比較サイトでは様々な事が比較できますのでまずはチェックしてみて下さい。
その中でニーズに合った業者を選ぶことが出来ますし、そうする事で満足度もきっと高くなります。

トイレで起きてしまうつまりの問題は自分で直す方法もあります

トイレを使っていると、ある程度の年数が経過している場合は、つまりが起きてしまうリスクが高まります。
日頃からパイプクリーナーを使っていれば良いのですが、既にトラブルが起きている場合では自分で直すことも不可能ではありません。代表的な道具はラバーカップがあり古い時代から採用されている定番品です。このラバーカップの使い方は、トイレの便器の排水口に押し当てて密着させてから上に一気に引き上げるという行動を何度も行うことが基本です。注意すべき点はあり、引き上げる際に汚水が飛び散る可能性があるので、透明ラップでも良いので便器を覆うように被せてからラバーカップの柄の部分だけを穴を開けておく方法で飛び散る問題を解消できます。併用するとより一層効果的なものは、お湯を流す方法です。ラバーカップを使いながらもコンディションを確認し、適時にお湯を流すことを繰り返すと短時間でつまりを直すことは可能です。この方法で直せない場合では、ワイヤーブラシを使う方法がありますが、急を要する場所なのでプロに任せることも視野に入れることも必要ではないでしょうか。

トイレのつまりは便器内部の仕組みを理解しておくと安心

トイレのつまりが起きたときに修理業者に頼んで直して貰う人も多いかと思われますが、トイレの水が流れなくなったり流れにくくなる理由には、いくつかの種類が存在します。例えば、便器に流してはならない紙おむつや生理用品など水を吸収する性質を持つものを捨てて流せば直ぐに便器の水は流れなくなり溢れるような状態になります。また、トイレットペーパーも多くの量を一度に流そうとすると詰まってしまい流れなくなることもあるので注意が必要です。
便器を真上から見たとき、上側には水が溜まる部分があり、そこから急角度で手前方向に排水路が設けてあります。この排水路はとても狭くなっているのが特徴で、その先には一気に真下に落ちる構造になっています。落ちた部分にはプールのような水たまりがあるのですが、排水路や水たまりなどに異物が詰まるとトイレのつまりが起こりやすくなるわけです。便器の仕組みをしっておくと、詰まってしまったときの対処法などにも役立ちます。

家庭のトイレつまりはお湯を使えば簡単に解消できる

どこのご家庭でも、一度はトイレつまりを経験されたことがあるでしょう。日本では基本的に水洗方式となっており、水の力を利用して汚水を流します。しかし、マンションなどの集合住宅では水量が少ないため、トイレットペーパーなどがつまってしまう確率が多くなります。どのようにして解消をしたらいいのか、その鍵を握っているのがお湯です。ここで簡単にその解消法をご紹介しましょう。
用意するのは約90度ほどに温めたお湯で、鍋一杯分を便器に流し入れます。なぜ湯が良いのか、その理由は配管を膨張させられるからです。トイレの配管は真鍮製となっており、温めると体積が膨張します。逆に冷やすと体積が小さくなるのでつまりやすいというわけです。夏より冬の方がトイレが詰まりやすいのは、おの自然現象が影響をしているからになります。予防をするためにも、冬の厳しい冷え込みが続く日は1日1回は湯を流し入れると詰まりを防止することもできるわけです。

トイレを使った時につまりが起きても自然に流れる場合にやるべき行動

トイレを使っていると、つまりを起こしてしまい溢れるのではと心配に感じる場合もありますが、少しの時間を待てば自然に解消できる状態では、完全に直らなくなる前にトイレに対して徹底した洗浄を行うことは後に発生するトラブルを未然に回避することができます。
対応策は強力な排水管用の洗浄剤を購入して汚れを除去することを何度も行う方法や、ワイヤーブラシを購入して配管の内部に付着している汚れを磨く方法であれば一般の方でも作業は簡単です。洗浄剤もワイヤーブラシもホームセンターで販売されているのでネット通販も含めて購入先に困ることはありません。更に徹底したつまり予防を行う方法では高圧洗浄機を用いて配管内部を一気に洗浄する方法は効果があります。中止すべき点はあり、家庭用の高圧洗浄機では能力があまり高くはないので、トイレで使用する際には高圧洗浄を仕事にしている会社に依頼をすることが大切です、年に1回程度の利用で常に配管内部を綺麗に保てるので、使う価値は十分にあると判断できます。

時間帯に関係なくトイレつまりを解消する会社の存在

トイレつまりが発生してしまうと快適に使用することができなくなるので、大きな問題です。速やかに解決する必要があり、残念ながら早朝や深夜などの時間帯にこのようなトラブルが発生してしまう場合もあります。
そんな時に心強い存在として頼れるのが時間帯に関係なく、速やかに処置を実施してくれる会社です。全国各地にトイレつまりを解消している会社が存在していて、気軽に依頼することが可能です。24時間対応をしているところもあるので、早朝や深夜などの時間を気にする心配は全然ありません。
何時でも対応している会社の場合、朝や夜の依頼したからといっていい加減な処置を行うことは決してないです。一生懸命実施していき、現状発生しているトイレトラブルを解消してくれるので安心です。ただし早朝や深夜などの時間帯に依頼する際、割増料金に設定されているケースがあるので気になる人は依頼する時に支払う費用を正確に把握することが重要になります。

トイレつまりを自力ではなく業者に依頼することで感じるメリット

自宅内で欠かせない水回りにはトイレがありますが、大量の汚物やトイレットペーパーを流してしまうとトイレつまりが起きてしまいます。
特に古くなったトイレの場合は排水管に汚れが蓄積されていることが多く、新しい住宅よりもつまりやすい状態になることは珍しいことではありません。トイレつまりを起こしてしまった際には、自力で解決する方もいますが、古くなった住宅にお住いの方は、業者に依頼をした方が、後を考えるとメリットに感じることができます。専門業者ではつまり自体は薬剤やワイヤー、真空ポンプなどを使って簡単に直せることが多いのですが、業者に依頼をする方法ではつまりを解決した後に、依頼によって排水管の洗浄も任せることができます。業務用の洗浄剤を使う方法や、ワイヤーブラシで排水管の奥側まで磨き上げる方法、高圧洗浄機を用いて汚れを除去する方法などが行われており、完了後には新築住宅と同じコンディションへと戻すことができるメリットがあります。

トイレつまりを引き起こしてしまうさまざまな原因

トイレつまりの原因で一番多いのは、異物が配水管に詰まってしまったことによるものです。
通常はきちんと流れるトイレットペーパーであっても、大量に流してしまうと床下につながっている配水管のS字部分でつまりを起こしてしまうことがあります。また、トイレットペーパーの代わりにティッシュペーパーを使った時にも、水に全く溶けない性質のものなので簡単につまってしまいます。
小さい子供がいる家庭では、紙おむつやおしりふきシートをはじめ、子供がトイレに持ち込んだおもちゃなどがトイレの中に落ちてしまって、そのままつまってとれなくなってしまうこともあるので注意が必要です。大人であってもポケットに入れていたスマートフォン、ペン、ハンカチ、手帳、財布などが、誤って便器の中に落ちてしまうこともあります。そのほかにも、最近ではペットが使っているトイレの砂や、毛が大量に含まれているペットの便などを流してトイレつまりにつながるケースも多いので、用を足す以外の目的でトイレを使うのは避けるようにしましょう。

トイレつまりはそのまま放置しても大丈夫なのか

大量にトイレットペーパーや便を流したりスマホや眼鏡を落とした時など、様々な原因でトイレつまりが起こります。便器から水があふれたら大ごとですが、トイレつまりはそのまま放置したらどうなるのでしょうか。
実はトイレが詰まってもしばらく時間が経つと解消されて、自然と元に戻ることもあります。それは便などの排泄物やトイレットペーパーなど、もともと便器に流せるものを沢山流したケースです。これらは時間が過ぎていくと少しずつ分解されたり溶けたりして小さくなるため、2~3時間だったり半日置くと詰まりが解消されることがあります。便器にそのまま流してOKとうたわれているお掃除シートなども、ロールペーパーに比べると流れにくいものの溶ける素材なのでひと晩置いて様子を見てもいいでしょう。一方、お掃除用のスポンジやブラシなどのほか、時計やスマートフォンなど、溶けないものや固形物を便器に落としてしまったら、自然に直ることはありません。放置すると固形物が排水管の奥に移動してさらに取りにくくなる可能性があるので、早めに水回りトラブル対応業者などに依頼しましょう。

トイレつまりが起きましたので24時間使える吸引器を買いました

筆者は現在札幌市の白石区のマンションに住んでおります。以前は北区のマンションに住んでおりました。子どもが2人おりましたが、トイレットペーパーを使いすぎて、何度か「トイレつまり」が発生しました。夜中の出来事だったので、マンションの管理会社から事前に聞いていた24時間体制の便利屋さんに修復してもらいました。その後、トイレを一式交換し、壁紙も変えました。
「トイレつまり」は安いマンションにはよく有る現象との説明が有りました。この業者さんの勧めでゴム製の吸引器を5千円で購入しました。この吸引器は今のマンションのトイレにも置いて有るので「24時間」は必ず大丈夫です。
勤務先のトイレもつまったことが有ります。その時も吸引器でトイレつまりを解消しました。トイレは生活するのに必ず必要な設備なので丁寧なメンテナンスが必要です。風水的にもトイレの掃除や修理、点検はマメに行うと運気が上がります。今後も継続して大事にして使用したいと思います。

突然のトイレつまりにはラバーカップを購入しておくと安心

家族が多いほど使う機会が多くなるのがトイレですが、突然トイレつまりが発生するとどう対処すればいいのか迷ってしまう方も多いようです。そこで焦らず対処するためにも、事前に購入しておきたいのが「ラバーカップ」です。ラバーカップは一般的な水回りにおこるつまりの修理道具であり、おもちゃなど固形物や異物がつまった場合を除き、ほぼ全てのトイレの詰まりを解消することができるメリットがあります。
トイレつまりの原因の多くは、1度にトイレットペーパーを大量に流しすぎてしまうことが挙げられます。トイレットペーパーは水に溶ける素材なので、少し時間を置くだけでもつまりが改善される場合もありますが、すぐにトイレトラブルを解消したいならラバーカップを使用すれば効率的に改善できるようになります。
使い方は止水栓を閉め、便器が水が溢れそうなら水を抜き水が少ないならラバーカップのゴム部分が浸るくらい水を入れます。汚れないように養生を行い、ラバーカップで詰まりを解消したら水が流れるかバケツから水を流して確認をして完了です。

トイレのつまりは生理用品が原因になっている場合もある

トイレのつまりが発生した時には、自分や家族が生理用品などの水に溶けない物を間違って便器に落として流してしまったことがないかを確認するのが大切です。トイレがつまった時には、便器の中の水の高さがいつもよりも高くなっていたり、用を足した後に水を流すとゴボゴボと普段とは違う音がするなどの症状が表れます。このような状態になる原因には、排せつ物やペーパーを一度にたくさん流してしまったことにより、便器の奥で一時的につまっている部分ができているという場合もあります。そのようなケースだと、お湯や水を流してつまっている物を押し流したり、時間の経過によって解決することもありますが、生理用ナプキンなどの水に溶けない物が原因になっている時には、奥に流すと更に問題が大きくなるため、トイレつまりを専門的に解決できる水道修理会社に連絡して取ってもらうのがおすすめです。 生理用品をはじめとする水に溶けない物品は、便器に落とした時に流してしまうと下水管などの取りづらい場所でつまってしまう怖れもあります。そうなると処理が難しくなり修理費用が高額になる場合もあるので、早めに専門知識のある会社のスタッフに相談して対処してもらうのが良いでしょう。

トイレのつまりは火災保険が適用できる場合もある

火災保険は火事の時の備えとイメージしている人が少なくありませんが、実は大幅に違います。火事の時だけではなく家のトラブルの様々なシーンで使うことが可能です。例えば屋根や外壁の修理の時や、風呂釜が落雷に遭ったときなどに使用することもできるのがポイントといえます。それ以外にもトイレのつまりに使用できる場合もあると知っておくことで、家の中のトラブルで家計への負担を減らせるのもポイントです。 正確にいうとトイレがつまったこと自体の修理費用は自己負担となりますが、トイレのつまりを起因としている水漏れにより発生した損害の補填に役立つといいます。ただし保険の特約の内容に応じて補償内容が異なるため、事前に保険の契約内容をよく確認したうえで申し込むことが重要です。特約の中には水漏れに対応していない場合も少なくありません。保険会社に連絡するときにも、事情を正確に伝えることで納得できる形で水害による補償を得られる可能性があるといいます。

トイレのつまりと水漏れの原因について説明

トイレのつまりと水漏れの原因について説明します。日常の生活でトイレは必要な為トラブルなく快適に使用する事が求められますが、誤った使用方法をしたり、故障の予兆を見逃すと被害は深刻になります。 被害が大きくなり、対応するのが難しくなり故障した時は業者に依頼して修理してもらう事になりますが、水道トラブルに一般の人は詳しくないので、多額の修理費用を請求されるトラブルが起こる事があります。 国民生活センターでは高額請求されたトラブルを毎年5,000件相談されているので、トラブルが起きない為に知識を身に付ける必要があります。 トイレが詰まる原因は、少量の水で汚物を流した時に下水道に上手く流れずに排水溝に異物が媚びついて蓄積して排水の流れが悪くなります。流れが悪くなると水圧のかかりが弱くなり、症状が悪化してつまります。 水漏れは水が漏れてる箇所を特定する必要があるので、対策は状況により変わります。 目視で確認して異常がある箇所があれば信用できる業者に依頼して修理する必要があります。

トイレつまりに有効なラバーカップ(スッポン)の正しい使い方

トイレつまりの解消方法はいくつかありますが、代表的な方法のひとつがラバーカップです。スッポンやガッポンなど様々な名称で呼ばれていますが、このアイテムは正しく使わないと上手くつまった状態を解消できません。 ラバーカップを使う際は、まずゴム部分が水に浸るかどうか確認する必要があります。ラバーカップは真空状態で使うことで効果が最大限発揮されるため、便器内の水位が足りない場合はバケツなどで水を足してから使いましょう。 水位の調整が完了したらいよいよラバーカップを使用しますが、このアイテムは押すときではなく引くときにつまりを解消することを理解しておく必要があります。使用する際は、まず便器に対して垂直にカップを当てて、ゆっくりと押し込んでいきます。十分に押し込んだら、勢いをつけて引っ張りましょう。 この作業を何度か行って、ゴポゴポといった音が鳴れば上手くいった合図となります。後は、バケツなどで少しずつ水を流してみて、問題なく流れることが確認できたら作業完了です。なお、ラバーカップを使うときは汚水がトイレ内に飛び散る恐れがあるので、新聞紙などを床に敷くとともに、便器をごみ袋などで覆った上で作業することをおすすめします。

トイレのつまりが判明して、修理の為通報した場合

トイレのつまりが判明して、修理の為通報した場合について説明します。日常生活に必要で毎日使用しますが、どのような仕組みになっているか理解してる人が少ない為、誤った利用をすると故障して大変です。 水道が停止された場合、トイレ自体の設備は正常でも会社の不具合で水が流れなくなり詰まったと勘違いする事があるので、流れるか確認して異常があれば連絡して改善してもらう必要があります。 紙以外の物を流すと詰まる原因になるので、食べ物やプラスチック類やビニール袋などを流すと高い確率で詰まったり漏れの原因になるので、子供がいる家庭では躾や教育をして理解させて正しい使用方法を教える必要があります。異常があれば業者に通報すると24時間対応してくれる業者もありますが、高額な修理費用を請求されるかもしれないので、管理会社や市町村の水道局に連絡して対応した方がトラブルなく解決できます。 国民生活センターで分からない事は相談する事をお勧めします。

トイレつまり解消に役立つ便利な製品の紹介

トイレのつまりは突然に起こるため、いざという時に慌てないためにも予め対策を講じておくことが重要です。今日は、トイレのつまり解消に役立つ製品をいくつかご紹介します。まず一つ目は、一般的なラバーカップです。 使い方も簡単で、適度な弾力性を持たせたカップをトイレの排水口に密着させ、押し引きすることで圧力を生み出し、つまりを解消することができます。 二つ目は、化学反応を利用したクリーナーです。 これは特定の液体をトイレに流し込むだけで効果を発揮し、強力な作用でつまりを分解します。ただし、トイレの材質によっては使用できない場合もありますので、購入前には製品の説明書をよく確認してください。 三つ目は、電動のパイプクリーナーです。 電動式なので手動のものよりも強力で、さらに深い部分のつまりにも対応しています。長いワイヤーがつまりの原因物を引っ掛けることができ、より効果的な解消が期待できます。 ただし、この製品も取り扱いには注意が必要で、適切な使い方を理解した上で使用することが大切です。 これらの製品を適切に使うことで、トイレのつまりは自分で解消することが可能です。しかし、場合によっては専門家に依頼するのが最善の選択となることもあるため、製品の選択に加えてプロのアドバイスも参考にすることをおすすめします。

冬のトイレつまりを防ぐ!凍結対策テクニック

寒い季節には、家の中でもトイレの凍結問題に注意が必要です。 トイレが凍結すると、水が流れずつまりが発生し、最悪の場合は水漏れを引き起こすこともありえます。そこで今回は、冬のトイレの凍結とつまりを予防するための対策テクニックを紹介します。 まず、トイレの水がよく動いていることは重要です。 凍結を防ぐには、定期的に水を流して配管内の水の滞留を防ぐことが効果的です。 朝晩の使用時だけでなく、こまめにフラッシュを行うようにしましょう。 また、非使用時にはトイレの蓋を閉じて室内の温度を保つことも有効です。 次に、トイレ周りの断熱対策も大切です。 窓やドアの隙間をシーリング材でふさぎ外部からの冷気の侵入を抑えます。 さらに、トイレの内部や配管を保護するために断熱材を巻きつけるという方法もあります。これにより、配管が凍結するリスクを減らすことができます。 さらに、トイレ用のヒーターを設置することで室温を適度に維持し、凍結を予防することができます。 市販のパイプヒーターやトイレシートヒーターなどを利用して、寒さから配管を守りましょう。もし凍結が発生した場合は、温水を配管に流し込んだり、ドライヤーなどで温めるなどして凍結を解消します。 ただし、過度な熱を加えると配管が損傷してしまう可能性もあるため、注意が必要です。冬のトイレの凍結とつまりを未然に防ぐためにはこれらの対策が有効です。 寒い季節に不便を感じさせない快適なトイレ環境を整えるためにも、ぜひ実践してみてください。

節水と快適さを両立 トイレのつまり解消法

家庭生活で最もよく使われる場所の一つにトイレが挙げられます。 私たちの毎日に欠かせないこの空間ですが、トイレのつまりは意外と多くの人が直面する問題です。つまりが発生すると、トイレ自体が使用不能になり、快適な生活に支障をきたします。しかしこのようなトラブルを未然に防ぐ方法は幾つか存在し、それらを知ることで節水にも繋がります。 節水型のトイレは水の使用量を抑える効果がありますが、節水しすぎて水流が弱い場合、つまりの原因となることもあります。 そのため、節水機能のあるトイレでは、定期的なトイレの掃除や流れを確認しておくことが重要です。トイレのつまりを解消するためには、まずトイレットペーパーの使用量に注意しましょう。 また、誤ってトイレに異物を落とさないようにすることが大切です。 万が一、トイレがつまった場合はラバーカップや専用のクリーナーを使用してみてください。これらの方法が効果を示さない場合は、専門業者に相談することをお勧めします。 節水とトイレの快適な使用を維持するためには日頃の意識が大切です。 普段の生活の中で節水を意識し、必要な手入れを定期的に行うことで、トイレのつまりを未然に防ぎ、長期的に水道代の節約にも寄与できるでしょう。 以上はあくまでも基本的なトイレのつまり解消法についての概略であり、個々の状況に応じた対処が求められる場合もあります。 快適なトイレの使用を継続するためにも、日ごろからの注意を怠らず、定期的なメンテナンスを心がけてください。

トイレのつまり・破損を防ぐためのアドバイス

トイレの使用は日常生活で欠かすことができないため、常に清潔に保つことが大切です。しかし時に、トイレがつまるなどのトラブルに見舞われることもあります。 トイレのつまりや破損を防ぐためには、日頃からのメンテナンスや正しい使用方法が重要です。まず、トイレのつまりを防ぐためには、トイレットペーパー以外の物質を流さないよう心掛けましょう。 生理用品やウェットティッシュは特にトイレの排水口を塞ぐ原因になりますので、トイレには流さないでください。 また、頑固なつまりが発生した際には、ラバーカップや専用の洗浄剤を使用して解消することができますが、自己解決が難しい場合には専門の業者に相談することをおすすめします。次に、トイレの破損を防ぐためには、便座やタンクなど、トイレの各部品をゆるみやキズがないか定期的に点検しましょう。 特に水漏れは見逃しがちなトイレの破損のサインです。 また、トイレ内の清掃を怠らないことも破損予防に繋がります。 清潔を保つことで、部品の腐食やカルキの蓄積を防ぎ、トイレ全体の長寿命化を図ることが可能です。これらのポイントを念頭に置き、トイレを適切に管理することが、トラブルを回避し快適なトイレライフを送るために不可欠です。 毎日の心がけが、安心して使えるトイレ環境を守る鍵となります。

トイレつまりに効く水抜きの基本テクニック

トイレは日常生活に欠かせない設備でありながら、つまりによるトラブルが発生することがあります。 トイレのつまりは生活に大きな支障をきたすため、事前の対策と迅速な対応が求められます。本記事では、トイレのつまりを未然に防ぐための水抜きの基本テクニックについて解説します。トイレがつまる主な原因は、トイレットペーパーの過剰な使用、おもちゃや誤って落とした物の詰まり、排水パイプの構造的な問題などです。これらのトラブルを未然に防ぐためには、トイレを正しく使用し、日々のメンテナンスを心掛けることが重要です。まず、日頃の水抜きは非常に効果的です。 トイレの水抜きを行うには、大きな水量を一度に流して排水路を洗い流すと良いでしょう。これによって、排水パイプ内に蓄積した小さなごみや汚れが流れ出し、つまりの原因を取り除くことができます。 次に、トイレットペーパーはなるべく少量を使用し、トイレに流す量も調節するようにしましょう。また、トイレにはペーパー以外のものを流さないよう注意が必要です。意外と多いのが、湿らせた拭き取りシートやフェイシャルティッシュの誤流しです。これらはトイレットペーパーとは異なり、水に溶けにくいため、つまりの原因となり得ます。 トイレのつまりは放置せず、早めに解決することが重要です。 自分で対応できる場合は、ラバーカップやワイヤーブラシなどの道具を使った対処法があります。 しかし、それでも改善しない場合は専門の業者に相談することをお勧めします。 定期的な水抜きや正しい使用方法を心掛けることで、トイレのつまりのリスクを低減できるでしょう。

トイレのつまりでお悩みの方はここをチェック!

トイレ つまり 浜松市